上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
現在 現場と営業にボワれて 久々々々の更新となりましたが
そんな中 文化財修理工事で知り合った彩色屋さんに招かれて 河内長野市にある
【天野山金剛寺】へ現場見学に行ってきました。

金剛寺は真言宗御室派の大本山で(総本山は京都/仁和寺)、伽藍にはいくつかの文化財建造物があります。
そのうち、現在解体修理工事中の金堂と彩色修理工事中の多宝塔※共に重要文化財 を案内していただきました。

多宝塔の全景  逆光悪しからず。
resize1300.jpg

彩色剥落止状況・・・参考写真です。 牛皮膠を剥落状況に応じて濃度を調整し、注射器や筆を使用して剥落を止めていきます。 
resize1301.jpg

金堂は解体工事が完了している状況でした。内陣だけ天井が高く(本尊大日如来座像が大きいため)飛び出していますが、その周りは裳階ではなく、全てでひとつの架構なんです。
resize1292.jpg

これは食堂(じきどう)です。
修行の中で食事には大きな意味があるため、造りも素晴しいですね。
resize1285.jpg

鐘楼も扇垂木が茅負に矩で取付けてあるため、隅に向かってどんどんネジていってます。
resize1287.jpg

土塀もいちいち格好いい。
resize1286.jpg

所変わって 同じ河内長野市の【檜尾山観心寺】へも立ち寄りました。
高野山真言宗遺跡本山であり 写真の金堂は国宝に指定されています。
resize1303.jpg

これが見たかったんです。
『建掛棟』・・・名前の由来は楠木正成の誓願により三重塔を建始めたところ、1層目を組んでいるときに正成が神戸湊川で討ち死にしたため、そのまま取り壊さずに屋根茅葺きにて仕上げたものから来ています。
resize1290.jpg

まさに建掛。丸桁まで組んで止まっています。
resize1289.jpg

『開山堂』は桁行・梁間共三間の方形です。均整のとれたプロポーションの中に、あるこだわりを発見しました。
resize1284.jpg

判りますか?
向かって右側の縁束が、奥にいくほど短くなっています。
亀腹もどんどん薄くしてあります。
よって、実際より奥行きがあるように錯覚してしまいます。
resize1291.jpg

最後に 河内長野のお隣 貝塚市にある【孝恩寺】へ向かいました。
住宅地の中にポツリと国宝に指定されている観音堂・・・通称『釘無堂』を見てきました。今度建立させていただく御堂の参考にする目的でした。
まずは軒反りに圧倒され、お次は行基葺の屋根にうなりました。
resize1302_20120714083122.jpg
スポンサーサイト

2012.07.14 
かなり前になりますが お正月休みにゴロゴロするのも
好きじゃない(というかおデブになるのを気にして)ので、名古屋港水族館に
出かけました

かきいれ時でもあるから 特設ステージもあります

ペンギンが広場にいました
ん~ 抱きしめたくなるシルエット
resize1077.jpg

息子もペンギンと記念撮影
resize1076.jpg

娘のお気に入りも
resize1078.jpg

ちなみに こちら↓は僕が気になった魚
深海魚なんですが 海の底でも シャクレのインパクトは絶大
写真じゃわかりにくいでしょうが 実はこれ 3cm位しかないんですよ
resize1075.jpg

2012.02.17 
近所にあるのに 行ったことはない
そんな名所って結構ありますよね

そんなわけで 高山市にある 飛騨大鍾乳洞へ行ってみました

普段は公園やおもちゃ売り場に連れて行けば 子供は満足しますが
たまには異様な空間へ連れてって 何か感じてもらえればと
ん~ つまらんか?
resize1074.jpg

何億年もかけて 石灰岩を水が削って こんな空間ができるって
ちと感動しました
resize1072.jpg

子供がはしゃぐほど 楽しい場所じゃないですけどね
resize1071.jpg

末っ子も 眠らず見学してました
resize1069.jpg

ん~
resize1073.jpg

実は 300mの氷柱があるって聞いて 一度見たかったんですよ
resize1070.jpg

見学は 我が家だけでした
もう少し 魅力ある工夫が必要だな、と。
 

2012.02.06 
大変遅くなりましたが 本年もどうぞよろしくお願いします

早速ですが この前 打合せに日光へ行ってきました

少し時間があったので 近くにある建物を紹介します

東照宮はあまりにも有名でみなさんご存じなので 【田母沢御用邸】はいかがでしょう
 大正天皇の夏の静養所として使われていまして 延床1360坪(4471㎡)の大豪邸

唐破風玄関でお出迎え
resize1064.jpg

謁見の間は 和洋折衷だけど 絨毯に本式の床間とはただごとじゃない!
resize1068.jpg

床脇はこんな感じ
 そうそう 木材は木曾檜が使われています 加子母からも出してるでしょう 我々のむらの誇りですね
resize1067.jpg

御玉突の間 室名もすごいけど 御玉突台もゴージャス
resize1062.jpg

欅の床板も 狂いが無く ぴったりくっついてます
resize1063.jpg

電気のスイッチは お気に入りに追加
resize1061.jpg

そうそう 本日の打合せは錺金具屋さんとでした
 その職人さんの作品もあちこちに使用されています
  こんなんされたら 開けられないでしょ
resize1065_20120127155237.jpg

長押の釘隠しもスゴイ!
 線や模様は全て手仕事です たがね彫に七々子打 
  なんでも打つときはずっと息を止めるそうです 息をすると深さが変わってダメとのこと
resize1066.jpg

2012.01.27 
和市が産まれてから 2ヶ月が経ちますが
生まれたての時を紹介します

↓こんな感じで ほほ笑んでます
resize0717.jpg

長男の倫はというと
自分がお兄ちゃんであることを理解しているのか
抱っこさしてと よくせがみます

resize0716.jpg

今はいい でも数年したら 
派手に兄弟げんかするんやろうなと思うと
楽しみでもあり 不安でもあります

2011.10.21 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。